紫外線でシミやしわにならないように!日焼けしたあとのケアと注意点は?

日焼けからの回復について

多少日焼けをしても平気と思う方もいるかもしれませんが、日焼けに気が付くとシミも気になりますよね。肌も年を取ったように見えますし、日焼けもなかなか戻らなくなってきました。

日焼けは紫外線で肌に炎症が起きているためヤケドに近い状態なのです。

太陽光を浴びたことで肌が刺激を受け、防御反応で肌が黒くなり身体の表面を守っています。日焼けで乾燥してしわの原因になったりもしますよね。日焼けしてしまった時に早めに回復できる方法はあるのでしょうか?

メラノサイトの働きとは?

皮膚は複数の層で出来ています。紫外線を受けた時、まず外側の角質層が紫外線をバリアして「UV-B波」を防ぎ、「UV-A波」は皮膚を通過し奥の真皮層まで届いていきます。

肌の奥までUV-Aが届くとメラノサイトという組織が活発になり活性酵素を作り出し、メラニン色素が生まれます。

メラノサイトの働きが活性化すると肌を黒くするメラニン色素もどんどん作られていきます。

日焼け後のケア

気を付けていてもうっかり日焼けしてしまうことはあると思います。中には肌がすぐ真っ赤になる人もいますよね。肌がヒリヒリするのは表面に当たったUV-Bが影響しています。

日焼け止めの「SPF」で防ぐのがUV-B、「PA+++」で防ぐのがUV-Aです。

UV-Bは肌の奥には届きませんが皮膚表面を火傷のような状態にしてしまうのです。UV-Bの影響を受け過ぎると肌が真っ赤になって腫れたように乾燥し、やけどのように悪化することがあります。

そういう時の対処法を見てみましょう。

  • ひどい日焼けの時は冷やすことが第一!

日焼けの程度がひどい時は、火傷をした時と同じように冷やして炎症を防ぎます。

冷水を当てたり、タオルに包んだ保冷剤でしっかり冷やし、痛みが続く場合は皮膚科を受診しましょう。

  • 保湿ケア

日焼けした後の肌はバリア機能が壊れやすく乾燥しています。

いつもの美容成分入り化粧水は刺激になる可能性がありますので、なるべく保湿を第一に刺激が少ないタイプの化粧水をなじませましょう。

そして化粧水の後は水分が蒸発するのを防ぐために乳液やクリームで保湿のフタをします。

ひどい日焼けでなければ翌朝からさっそくUVカットを使い、さらなる紫外線の負担を避けるようにしましょうね。

  • 睡眠をとる

日焼けしてダメージを負った肌も、寝ている間に分泌される成長ホルモンによってターンオーバー機能が働きます。

成長ホルモンが分泌されるには深い熟睡が必要となるため、夜の22時からのゴールデンタイムを活かせるよう睡眠時間は長めに確保しましょう。

日焼け止めを塗っていても要注意!

日焼けをしたくないので当然私は日焼け止めを塗っている、という場合でも注意点があります。

・長時間のドライブなど日に当たる時間が長い

・ケアした効果以上に紫外線が強い

・汗や衣服の摩擦で日焼け止めが落ちている

このような原因が重なるとUVカットの効果が不足して日焼けする可能性があります。

日焼けは多少してしまっても毎回ケアできれば大丈夫というものでもありません。

紫外線によるダメージは皮膚に蓄積するため、紫外線を受ける前に防ぐことが重要なのです。

日焼け後にコレは禁止!注意すべきポイント

 

  • すぐに美白化粧品を使う

日焼けには美白と思いがちですが、美白化粧品は日焼けした肌には刺激が強い場合があります。

日焼けの痛み、火照りが落ち着くまでは使わないようにしましょう。

  • 肌の摩擦

肌のバリア機能を守るために刺激や摩擦は要注意です。

クレンジングや化粧水の際は手のひらを使い、刺激を与えないようにゆっくりケアしていきましょう。

  • 皮がはがれた

日焼けをすると皮がはがれてくることがありますが、周辺の健康な皮膚まで傷つく場合があるのでオリーブオイルやベビーオイルなどでケアをして自然にはがれ落ちるのを待ちましょう。

はがれかけている部分が気になる場合は、小さな眉毛用のハサミなどで切り取ります。

日焼けから早く回復するには

日焼けから早く回復するには、肌のバリア機能を取り戻しターンオーバーに必要な栄養分を取り入れることが必要です。

  • 一年中UVケア

肌への負担になるのではないかとUVケア製品を控える方もいるかもしれませんが、近年の紫外線の照射量は冬場でもそれほど低くなりません。

顔や首には肌に優しいUVカット入り化粧下地などを使い、朝からUVケアをしておきましょう。

  • ビタミンC

肌のターンオーバーが適切に進むためにも栄養分が必須です。ビタミンCなど肌に効果的な食品を積極的に食べてくださいね。

また、炎症のひどい段階が落ち着いたらビタミンC誘導体配合の化粧水でケアしていきましょう。

ビタミンC誘導体には抗炎症、美白効果があるので日焼け後にずっと使い続けたいアイテムです。

  • シミ爆弾

ケアをしていても日焼けで出てくるシミ。ポツポツ見立ってくるとコンシーラーで隠したり美白アイテムを使う方も多いと思います。
さらに怖いのが「シミ爆弾」という広範囲のシミです。

まるでスイッチが入ったかのように突然、大量のシミが出てくるのです。通常はターンオーバーでメラニンは排出されていきますが、紫外線の影響が大きいと細胞の遺伝子が傷つき、ターンオーバーも追い付かず、受けた影響が肌に蓄積されていきます。

年齢とともにターンオーバーの周期も長くなりますので、溜まっていくと限界を超える時が来ます。それがシミ爆弾のスイッチになってしまうのです。
このような広範囲のシミを防ぐためにも紫外線は予防が一番なのです。

日焼けしないことが大切

多少日焼けしても大丈夫、冬になって白く戻ったから大丈夫というものでもないようです。最近のUVカット製品は一部のスポーツ用を除いて肌に優しいものが多く、毎日使用しても肌に大きな刺激にはなりません。

それよりも紫外線を毎日防ぐことの方が重要で、紫外線の影響はかなり強いということが分かりましたよね。

肌のバリア機能を損ねないようケアには注意しながら、紫外線からしっかりお肌を守っていきましょう。

コメントは受け付けていません。