ゴワゴワ角質もピーリングで解決?キレイな肌に生まれ変わる?

ピーリングでターンオーバーを促そう!

ピーリングはターンオーバーの乱れにより蓄積した古い角質を落とし、肌の新陳代謝を促進させる方法です。ターンオーバーが正常に働かず古い角質が留まっていると、くすみやシミが目立ってきます。

ピーリングは、古い角質をピーリング剤で浮き上がらせ取り除くことでターンオーバーを促し、角質の溜まりによる肌トラブルを改善します。
古い角質が離れると肌は柔らかくなり、化粧水や美容液の成分も浸透しやすくなります。スキンケアの効果も高まるため健やかな肌を取り戻すことができるのです。

ターンオーバーの力

私たちの肌は一定の周期で古い肌がはがれ新しい肌に生まれ変わるリズムを繰り返しています。元々備わっているこの新陳代謝の機能で肌のバリア機能や健康を保つことができるのです。

しかし、年齢的なものや生活習慣、肌のトラブル等でターンオーバーのリズムが正常に働かなくなるケースがあります。

ターンオーバーを正常化する3つの対策!周期は年齢で違う?

ピーリングが効果的な肌質とは

ピーリングはもちろん、体調の悪い時期には行うべきではありません。またニキビの炎症が続いている時期など肌荒れが現在進行中の場合も控えましょう。
ピーリングが効果的にできる無難な肌状態についてご紹介しますね。

  • ニキビ跡やシミが気になる人

ニキビの跡が残っている肌やシミが増えて色素沈着が目立ってきた肌は順調なターンオーバーを必要としています。

ピーリングは肌表面の不要な角質を取り除きターンオーバーを早める効果があるので、新陳代謝の遅れが気になる肌には最適です。

多数してしまうと逆効果になりますが、適切に間隔をあけて行うことで肌の跡ケアに効果が期待できそうです。

  • 肌がごわついている人

肌がザラザラしてごわつきを感じることがありますよね。古い角質が溜まっていると肌は厚くなりがちで化粧水や美容液が浸透しにくくなります。

スキンケアをしても効果が出にくいと感じる時、ピーリングで古い角質を取り除くことで化粧水や美容液が浸透しやすくなります。
肌が素直になった感覚です。

美白効果やアンチエイジングの効果をしっかり実感できるようになりますよ。

  • くすみが気になる人

古い角質が溜まったくすみ肌は透明感がなくなり、肌質が老けた感じに見えてしまいます。

ピーリングで古い角質を適切に取り除くことができれば新しい肌が正しく表面に出てくるので、パッと明るく透明感のある肌になります。

ピーリングをするとファンデーションの色がワントーン明るくなった、ピンク系のチークが似合うようになったという人もたくさんいるんですよ。

主なピーリングの種類と特徴

ここで、ピーリングの方法についてご紹介します。主な方法はこの3つです。

・ケミカルピーリング

・拭き取り化粧水

・スクラブ洗顔料・ピーリング洗顔料

ピーリング剤は数多く市販されていますので肌質に合わせて優しい成分を選んでいきましょう。ケミカルピーリングはエステサロンや美容皮膚科などで実施されている方法が有名ですね。

プロや専門家に施術してもらうため確実ですし安心です。仕上がりも格段に違うのではないでしょうか。

具体的なピーリングの方法

  • ケミカルピーリング

ケミカルピーリングはクエン酸、リンゴ酸、グリコール酸などの配合成分で角質を溶かす方法になります。
市販のピーリング剤もありますが薬剤の濃度などが一般の方向けに低めに製造されているようです。

  • 拭き取り化粧水

拭き取り化粧水で肌を拭いて角質を除去するタイプです。洗顔やクレンジングで落としきれなかった皮脂汚れやメイク汚れを手軽に拭きあげることができます。
刺激は弱めですが、敏感肌の方や乾燥肌の方はさらに低刺激処方のものを使うとトラブルが起きにくく安心です。

使うコットンもふき取り用の質の良いものを選び、肌を拭く時は力を入れ過ぎないように気を付けましょう。

  • スクラブ洗顔料・ピーリング洗顔料

洗顔料にツブが配合されているタイプの洗顔料やAHAなどのピーリング成分が配合された洗顔料のことですね。

微小な粒のスクラブやピーリング成分で肌を洗い、古い角質を落としていきます。

普通の洗顔料よりもしっかり汚れを落とすことができますが、洗顔料代わりに毎日使うのは間違いなのです。また、目の周りなど皮膚の薄い部分への使用は避けましょう。

使った後はさっぱりとした洗い心地でたいへん心地良いのですが、使用の間隔には注意して肌にダメージを与えないようにしましょう。

適度なピーリングで健やか美肌

使い方を間違うと肌のバリア機能を低下させてしまう恐れがありますが、適切に行うことでピーリングは肌のターンオーバーのリズムを正しい状態に戻すことができます。

ただしピーリング直後は肌が刺激を受けた状態ですので日に当たることを控え、また日焼け直後や朝行うことは避けましょう。ピーリング製品やコットンは良質な製品を選び、使用間隔はしっかり守って使用します。そしてピーリング後は保湿が重要ですね。

セラミド成分やアミノ酸が配合されたスキンケア製品を使って肌にしっとり保湿成分を補給してあげましょう。

ビタミンC誘導体配合の化粧水などを加えるといっそう美白・美肌効果が増します。保湿後は乳液やクリームで成分が逃げないようにフタをして完了します。
適切なピーリング方法で健やかな美肌を取り戻しましょうね。

コメントは受け付けていません。