人によって違う毛穴の大きさは遺伝?どうしたら改善できる?

 

毛穴が目立つ原因は?

毛穴の黒ずみや開きが気になることはありませんか。ファンデで隠れるけれど、汗をかくとちょっとへこんでしまい目立ってくることがあります。

腕の毛穴は気にならないのに、どうして顔の毛穴は目立つのでしょう。

毛穴は皮膚の汗を出す部分で、内部には小さな皮脂腺があります。

顔の皮膚は体に比べて皮脂腺が大きく発達しているため毛穴が目立ちやすいのです。

顔の毛穴からは主に皮脂腺が分泌されます。皮脂腺から皮脂が過剰分泌すると毛穴が詰まったり目立ったりしてきます。

毛穴が気になる人は、角栓が溜まって白く見えて気になる人もいれば皮脂が無くても毛穴のくぼみが気になっている人もいるでしょう。

そして何より、自分の顔の毛穴って他の人より開いている気がする・・・違いはどういうところにあるのでしょう。

人によって違う「毛穴」大きいのは「遺伝」?!

私の毛穴は大きい気がするけど、他の人のお肌には毛穴が見当たらない。どうして?と思ってしまいます。

肌の質も、あまりお手入れしていないという人の肌に限って透明感があってハリもある、そういうことがありますよね。

生まれつき肌がキレイな人が本当にうらやましいですが、そこで気が付くのが遺伝。もしかして毛穴の大きさも遺伝する?
実はその通りなのです。

ホルモンの量は遺伝に関係がある

毛穴の大きさは遺伝で決まると言われています。女性の体内にもある男性ホルモンの分泌量がかなり関係しているのです。

男性ホルモンの分泌量が多めの人は皮脂腺が大きくなり、皮脂線が大きくなるとその出口の毛穴も大きくなるので目立ってしまうのです。

ホルモンの分泌量は遺伝によって決まりますので人により差が出てきます。また、睡眠不足がちの生活習慣では交感神経が優位になり男性ホルモンも分泌されやすくなります。

生活習慣は家族と似る傾向がありますので今の生活サイクルを振り返ってみましょう。

生まれつき大きい毛穴をケアするには?

生まれつき毛穴の大きさが決まっていて大きい人もいれば小さい人もいるってかなりショックですよね。もう美肌とは無縁・・・?

生まれつきの肌を生まれ変わらせるにはどのようにしたら良いでしょう。

ケアで改善できる種類の毛穴

生まれ持った毛穴でも正しいケアをして目立たせないようにしたり改善していくことは可能です。

毛穴のタイプによりますので、改善できる種類をご紹介します。

一般的に気になる毛穴とは、「詰まり毛穴」「たるみ毛穴」「皮脂分泌が多い毛穴」「乾燥して開いた毛穴」などがあります。

これらの中で遺伝による大きめでも改善できる毛穴は以下の2つです。

  • 詰まり毛穴

Tゾーンの毛穴に多く、古い角質と毛穴の中の皮脂腺から分泌される皮脂が混ざって角栓になり皮脂が詰まっています。

白い角栓の詰まりが酸化してくると黒ずんだ角栓になります。

  • たるみ毛穴

たるみ毛穴は主に加齢により真皮が衰えてしずく型に垂れ下がった毛穴のこと。
鼻よりも頬に多く見られます。

この2つのタイプについては適切なスキンケアをすることによって予防や改善をすることが可能です。自分のタイプに合わせてケアをしていきましょう。

毛穴はスキンケアで改善できる!

生まれつきの毛穴ですが、あきらめず積極的にケアしていきましょう。この2つの毛穴について、どちらの場合も共通して重要になるケアは保湿です。
肌が保持している水分量が少なくなると肌を守るために皮脂が分泌され始めます。

毛穴詰まりの原因になりますので、まずはしっかり保湿をしてその後フタをするように乳液やクリームを使用するようにしてください。

最初の保湿が足りないままでは乳液・クリームを使っても効果が得られません。

  • 詰まり毛穴

皮脂が詰まっている毛穴をそのままにしておくとニキビができる可能性があります。

角栓詰まりを起こしやすい毛穴ですので、 ニキビケア用のスキンケアをしていきましょう。

ビタミンC誘導体配合の化粧水などは、毛穴のケアやバリア機能の回復、美白効果などお肌にマルチに効いてくれます。

  • たるみ毛穴

年齢とともに肌がハリを失ったことで毛穴のへこみが目立っている状態です。

エイジングケア化粧品を使用し、同時に保湿成分で肌のバリア機能を高めることで毛穴もキメも整ってきます。

どうにもならないと思わず保湿を中心に肌のケアに取り組んでいきましょう。顔の全体的なスキンケアに取り組むことで肌のキメも整いやすくなります。

その他、ストレスや栄養に偏りのあるダイエットなどには注意をしてください。

栄養面やホルモンバランスが崩れてしまうと肌の老化が進み、たるみ毛穴のように肌の老化で毛穴が目立ちやすくなります。

体調良く保つことで肌の調子も良くなりますので身体の内側から改善していきましょう。

コメントは受け付けていません。